地域・大学インタラクション型の学習事業
トップページ
取組概要
活動計画
  19年度
  20年度
  21年度
実施報告
  19年度
  20年度
  21年度

神戸山手短期大学
キャリア・コミュニケーション学科

〒650-0006
神戸市中央区諏訪山町3-1
TEL:078-371-6184
FAX:078-371-4972

岡山『THE MAGRITTE(ザ マグリット)』

 アトラクティブブライダル学外研修2

「魅力創出」(アトラクティブブライダル)部門
 「魅力創出」部門の第2回学外研修は、2月6日(水)、岡山の『THE MAGRITTE(ザ マグリット)』で行われました。

■ 研修内容

【研修概略】
 岡山にある『ザ マグリット』は、他のブライダル企業とは「少し変わったやり方、考え方」で新しいウエディングを提唱している企業です。また、オリジナル商品や斬新な企画を次々に発表し、今業界内で大きな注目を浴びています。今回の研修では、その独創性、経営理念、おもてなし精神などを体験するという貴重な機会を得ることができました。

【研修会場】
 シンプルな建物に入って最初に通されたのは、1階の落ち着いた雰囲気のロビーです。中庭テラスには、会社の名前の由来であるマグリットの大きな絵画が飾られています。ここで参加学生14名は3グループに分かれて、それぞれ施設内を案内されました。
 最初に案内された会場は、メイン披露宴会場「ザ マグリットホール」。照明が落とされたホールの中央には、大きな「マザーシップ」テーブルが幻想的なブルーの光の中に白く輝くように浮かび上がっています。このテーブルは「友達は宝だ!」という基本コンセプトをもとに作られたここのオリジナル商品とのこと。新郎新婦と友人たちが同席し、コミュニケーションを楽しめるので、大変人気があるそうです。また、カクテルを注文できる本格的バーカウンター、ミステリアスな小部屋、吹き抜けのテラスなど、意匠をこらした空間づくりには目を見張ります。
 次の会場は、入り口が大きな絵画の隠し扉になっていて、学生たちから「おもしろい」と大きな歓声があがりました。そこから会場に入ると、別世界となり、花嫁のベールのような半透明の白いカーテンが全体を優しく包む癒しの空間が現れます。
 最後はこれまでと全く雰囲気が異なる会場です。太陽の光が降り注ぎ、明るくナチュラルな清潔感あふれる空間です。なんと外の広いテラスにはベッドとジャグジーがあり、しゃれた外国映画のワンシーンに紛れ込んだかのようなわくわくする面白さを感じます。
 最上階のチャペルは、母胎をイメージして作られているそうで、不思議な安堵感に浸ることができます。参列者と新郎新婦との距離が近いのも特徴とのこと。宗教色を感じさせないよう、十字架はやわらかい光で作られており、人前挙式にも対応できるようになっているそうです。音響はニューヨークのセント・トマス教会をモデルにしているとのことでした。

幻想的な空間を提供する
『ザ マグリット』の施設内

【講義内容】
・羽原社長からのお話
 10数年前にブライダル事業を始めた経緯などから始まり、独自の経営理念や哲学など、映像なども取り入れながら、大変おもしろくお話をしてくださいました。その中でいくつか印象に残った言葉を紹介させていただきます。
@変人経営
――誰もがやらなかったことに本気で挑戦するという変革的な経営理念
A魂のある婚礼を作る
――「すべてはお客様のために」という思いを持って、お客様に「Good Impact」(価値ある衝撃)を与えられるような「本物」の婚礼を作る
B新しい文化としての婚礼
――欧米の表面的模倣ではなく、新しい日本の融合文化として婚礼を作り上げる
C婚礼は命を創造する事業
――ウエディングプランナーは、社会を支え、命を育むすごい仕事をしているとの認識をもつ

施設とそのコンセプトについて
説明を受ける学生たち
『ザ マグリット』内のチャペル

・ウエディングプランナー竹内さんからのお話
 成約率ナンバーワンのやり手であることを感じさせない、自然体のすてきな女性です。自分の好きなことに囲まれて日々仕事ができるので、とても幸せを感じているそうです。また、あこがれだけでは勤まらない大変な仕事ですが、人から感謝され、やりがいも大きいとのことです。

・質疑応答
 講義の後、なごやかな雰囲気の中、羽原社長、轟支配人が学生一人ひとりの質問や感想に丁寧に答えてくださいました。心がわくわくする感動と興奮を味わったという学生、社長やスタッフの話を聞いてとても励まされ、「自分が変わったように感じた」と語った学生もいました。また、「話ベタで接客が苦手でもこのお仕事ができますか」という学生の質問に対し、轟支配人は、「話がうまくなくても誠実に話せば信頼を得られます、そのキャラクターをいかした接客をするといいと思います」と回答され、学生たちは大いに励まされました。最後にちょっとした驚きのサービスもあり、学生たちの感激もひとしおでした。

PowerPointの資料を見ながら説明を受ける 経営哲学を語る羽原社長

 学生たちは、ここでの感動体験を通して、おもてなし精神の真髄とコミュニケーションの大切さを知ることができたと思います。また、独創性、仕事の意味、感謝の心などもしっかりと教えていただき、たいへん有意義な研修になりました。