地域・大学インタラクション型の学習事業
トップページ
取組概要
活動計画
  19年度
  20年度
  21年度
実施報告
  19年度
  20年度
  21年度

神戸山手短期大学
キャリア・コミュニケーション学科

〒650-0006
神戸市中央区諏訪山町3-1
TEL:078-371-6184
FAX:078-371-4972

神戸ウェディング会議主催のイベントに参加・協力

「魅力創出」(アトラクティブブライダル)部門
街開き15周年を迎えたハーバーランド、キャナルガーデンで、全長210mの吹き抜け(ガレリア)を使い、結婚式が行われました。主催は神戸ウェディング会議です。同会議は「神戸をウェディングの街」として活性化させることを目的とした、ブライダル産業を中心とした企業や人々からなります。本学科キャリア・コミュニケーション学科もそのメンバーとして会議主催のイベントに参加協力することになりました。

リボンガールとして参加した学生たち 指導を受けている様子

今回は、26組の応募の中から大阪在住のカップルが選ばれました。数ヶ月前より会議のメンバーがミーティングを繰り返し、担当を決め、準備をしてきました。本学も「ブライダルコーディネーター入門」の学生35人が10月7日に参加しました。うち8名が新郎新婦の側をリボンガールとして210mをパレードし、他の学生は、通行人とパレードが混じらないよう警備にあたったり、通行人にカードを配ったりしました。初めての経験に8名はやや緊張気味でしたが、式終了後に参列者にフラワーシャワー、パールシャワーなどを配り、最後の片付けまで手伝いました。

1社で行うウェディングも大変ですが、普段まったく別組織で動いている企業が協力して一つの結婚式を行うのはもっと大変です。コミュニケーションが円滑であることが肝要ですし、共存共栄の精神も不可欠です。なによりも1組のカップルを祝福するため最高の式を執り行おうとする気持ちは参加した学生にも伝わり、しかも、普段は直接現場で働くことのない、ブライダル産業界のトップが作業員のようにして汗を流している様子を目の当たりにして感銘を受けた学生も少なくありませんでした。

パレードのスタンバイの様子 アコーディオン奏者に続いてパレード

神戸ウェディング会議のこうしたイベントは1年に1度です。昨年は神戸空港開港を祝って、2組の結婚式を行いました。山手は今回初参加でしたが、この経験は後期の授業にもモチベーションを上げる意味で意義深い経験だったと考えられます。