地域・大学インタラクション型の学習事業
トップページ
取組概要
活動計画
  19年度
  20年度
  21年度
実施報告
  19年度
  20年度
  21年度

神戸山手短期大学
キャリア・コミュニケーション学科

〒650-0006
神戸市中央区諏訪山町3-1
TEL:078-371-6184
FAX:078-371-4972


「海の日記念」特別企画 学外研修
練習帆船「日本丸」「海王丸」青春群像展への参加協力

「魅力調査」(マリンーポートツーリズム)部門

日 時:

2009年6月24日(水)〜7月31日(火)

場 所:

中突堤旅客ターミナル(かもめりあ)

参加者:

キャリア・コミュニケーション学科の1年生有志9名

引率者:

村上和子教授

テーマ:

「海に憧れ、魅せられて!〜ロマンを乗せ大海原を航く」


学外研修

【概略】
 <青春群像展の概要>
 ◆催事名 :練習帆船「日本丸」「海王丸」青春群像展
 ◆会 期 :2009年6月24日(水)〜7月31日(火)
 ◆会 場 :中突堤旅客ターミナル(かもめりあ)
 ◆展示内容:@静と動・帆走する「日本丸」「海王丸」
        A「船内のようす」
        B「船内の生活と訓練」など紹介
        C海と風が鍛える「シーマンシップ」
        Dごきげんよう「海の伝統〜登しょう礼」
        E国際交流「親善使節として」
        F海洋教室
        G道具、制服などのグッズ
        Hその他
 ◆主 催 :NPO法人神戸グランドアンカー
 ◆後 援 :神戸市、(社)神戸港振興協会、独立行政法人航海訓練所
 
 この企画は、昨年、NPO神戸グランドアンカーが制作した神戸市内児童生徒用副教材「海と港が仕事の舞台〜神戸港〜」の発刊目的である「神戸海事地域人材確保」の関連企画第2弾として(*1弾:副教材発刊記念 パネル展示とイラスト原画展)実施されました。将来、海やみなとで活躍しようとする青少年や一般市民に向け、海やみなとに対する意識の高揚、啓発活動のひとつとして開催されたものです。今回の展示の中心となるのは、だれもが憧れやロマンをいだく練習帆船「日本丸」「海王丸」の実習生たちの青春群像を、DVDや数々の写真、パネル展示などで紹介しています。

【研修内容】 
 学生たちは、38日間の開催期間のうち、延べ26日間 計100時間を学外研修として参加しました。展示会場内では、学生たちは1日約300人(市民・観光客)の入場者への対応、会場管理などを担当しました。平均一人が1日2〜3時間ずつ、各人が日時を決め、責任を持って職務を遂行しました。長い研修時間の中で、「観光、集客、催しの運営、企画、設営、展示、接客、コミュニケーション」など、多くのテーマにチャレンジし、貴重な体験や学びのときを重ねることができました。

展示の設営 一般来客者

【考察】 
 学生たちは、それぞれが自分の目標設定をもって体験研修にのぞみました。また、好奇心と自己研鑽をしたいという学習意欲が高く、研修は初期の段階からスムーズにすすめることができました。
 この学外研修を通して、学生たちは、学外の観光スポットで、一般入場者を対象に責任のある立場として行動するという貴重な体験を持つことができました。緊張感と様々な興味を持って仕事に取り組んだ学生たちは、各研修ごとに最後の10分間を、レポートを書く時間にあて、毎回、気づいたこと、感じたこと、自分の行動と変化などを文章に表現していきました。そのため、各自が個々に内面的成長を自己分析し、体験の成果を確認することができ、「丁寧にこなすことができた、密度の高い体験研修」となりました。

【学生の感想(抜粋)】 
 ・「知らない人にふれあったりする機会が、このイベントではたくさん。・・・はずかしいって気持ちをあまり持たなくなったような気がします。・・・普通の生活をしていたら出会えないような帆船の船長さんとお話をしたりなど、すごくいい経験ができたと思います。」
 ・「人とかかわることはすごく楽しいことなんだと気づきました。」
 ・ 「チャンスを生かすことの大切さを学べたと思います。この研修に参加することで今まで知らなかったことを知ることができたので良かったです。実際に・・・話を聞いたりしていると本当に出会ったチャンスは全部大切にしていかないといけないなと思いました。これからどんなチャンスがあるか分からないけれど、一つ一つを大事にして自分の将来に生かしていきたいと思います。」